自動車保険の選び方

自動車の輸出と国際法の関係

 

自動車保険を選ぶときには、色々と考えることが沢山ありますよね!!

 

車の保険会社にはダイレクト系の会社と代理店があります。どちらの会社を選択するのも人それぞれの好みがありますがどんな人たちにそれぞれ人気なのでしょう。
保険料を抑えて事故のときの補償はしっかり掛けておきたいタイプはダイレクト系通販型の保険会社をえらぶとよいと考えられています。

 

それは手数料が保険料に反映されないのが最大の安い理由です。どんなときでも24時間電話対応してくれる会社や夜間や休日でも電話で不明点などを応えてくれるので安心して加入できるし。
自分で補償内容を決めて自分の車の利用の仕方によった補償を決めれることができます。しかし、しっかりと車の保険に対する知識がないと向いてないこともあります。あまり安価にしすぎてしまい、いざ大きな事故をしてしまい大変なことにならないように設定することが大切です。知識はあらかじめ深めておくことが大切です。対面式で同じ人に対応して欲しい方や保険にそれほど詳しくない方。

 

 

自動車保険の選び方

また車以外の保険もお任せしたい方は代理店型がお勧めとされます。保険の更新や事故をおこしたときなどの書類の記載事項なんかまで丁寧に教えてくれて安心感もあり心強いとおもわれます。このようにそれぞれの会社にも特徴があります。このことを理解していると自分にあった保険会社が見つかる鍵になるかもしれません。

 

 

>>auひかりのおすすめ情報はこちらから

領域権限とは、一般には、領域取得の根拠となりうる事実を意味する

 

。国家が領域権限を取得する態様として、発見、先占、添付、割譲、併合、征服、時効がある 。
しかし、これらの伝統的な領域権原論が国際判例において直接的に適用されて問題の解決が図られることは必ずしも多くない。

 

一定地域をめぐって複数の国家がそれぞれの主張する絶対的権原としての領域権原の有効性を比較検討し、どちらの領域権原がその要件を絶対的に満たしているかを決定するという形では必ずしも解決できない場合が多い。
ジェニングス=ワッツは、7つの領域権原論のどれかによって紛争を解決するのではなく、個別ケースにおけるさまざまな要因や考慮を総合的に勘案して解決すべきであると主張する。

 

 

そうした要因や考慮としては、以下の11点が挙げられている。

 

@継続的かつ実効的な支配と統治、
A黙認と抗議、
B競合する主張の相対的強弱、
C時際法の諸効果、
D領域権原および国境における安定性の原則、
E地域的な諸原則、
F地理的・歴史的諸要素、
G国際社会の態度、
H自決に基づく諸要求の可能性、
I占有の起源が不法である可能性、
J征服がそれ自体ではもはや許容されない権原であること 。

 

 

竹島(独島)は、島根県隠岐島の北西約16km、韓国鬱陵島の南東90kmにある諸島である。日本は1905年に、国際法上占領の事実あるものと認め、これを本邦所属とすることを決定し、告示した。当時韓国は日本の非保護国化しつつあり、日本の措置に抗議することはなかった。韓国側からみた場合、「竹島(独島)」問題が日本による韓国植民地化の一環として捉えられがちな所以である 。

 

日本は1905年以来竹島を実効的に支配したが、1945年敗戦後、日本を占領した連合国総司令部は、竹島に対する日本政府の政治的・行政的権力を停止するよう命じた。覚書は、日本領域の「最終的決定に関する連合国政策を示すものと解釈されてはならない」と明記していたが、日本の実効的支配は中断された。

 

 

 

1952年、韓国は竹島を含む水域を主権と保護の下におくとし、竹島に実効的支配を及ぼすようになった。日本はこうした措置が国際法違反であると抗議し、54年には問題を司法的に解決するため韓国にICJへの付託を提案したが、韓国政府は竹島は太古より韓国領であり、竹島の帰属は両国間の紛争解決の対象となる問題でないとして、これを拒否した。

 

 

韓国では現代自動車、日本ではトヨタ社が人気ではあるが、今話題のフォルクスワーゲンは世界最大生産台数を目指していた。。。

 

続きを読む≫ 2015/10/01 15:28:01

国際法と国内法の関係をめぐっては、19世紀のトリーペルやアンツィロッティらにより二元論が展開された。これによると、国内法と国際法は法体系や規律領域を異にし、またその妥当性の根拠も、前者は複数の国の意思の合致によるのに対し、後者は単独の意思に基づくものとする 。二元論の立場に立てば、両者は独立した法体系をなすので相互に抵触することはない。しかし、20世紀になり、国際・国内法の規律領域が拡大するにつれ、両者が重複する場合がでてきた。そこで、両者を一元的に捉える一元論が主張されるようになり、国際法が実際に国内的に適用・実施されていることを基盤として、二つの立場が見られた 。一つが、国際法の妥当する根拠と範囲は国内法の授権によるとする国内法優位の一元説である。しかし、これは国際法の自立的存在を否定することになるため、妥当ではない。他方は、国際法優位の一元説であり、この根拠は学説が別れている。私見では、「合意は守られるべし」という法の基本命題を根拠に国際法の優位性を説く理論が妥当だと考える。なお今日では、義務の調整を図ることで両者のバランスをはかる「等位理論」も表れている。これによれば、国内法が適用されることにより国際法上の義務の不履行が生ずることがあるが、それは国際的平面で国際法上の国家責任を負うことによって問題の調整がはかられるとする 。

 

 

それでは、実際に国際社会ではどのように両者のバランスをはかっているのであろうか。

 

条約法条約27条は「当事国は、条約の不履行を正当化する根拠として自国の国内法を援用することができない。」と国際法優位の原則を規定している。これは、国際裁判所も国連本部協定事件(1988年)などを通じて「国際法は国内法に優先するという国際法の基本原則」を確認している。

 

一方、各国家は自国が拘束される国際法上の規則を国内的に実施する義務を負うが、その実現の仕方は原則として各国の自由とされる 。

 

日本では、憲法の基本原則である国際協調主義および憲法98条2項に基づいて、条約や慣習国際法は法律に優先するが、憲法よりは劣ると解されている 。同様に、アメリカやフランス、ドイツも国際法が直ちに国内法としての効力をもつ「包括受容型国家」である。

 

他方、イギリスやカナダは、国際法と同趣旨の国内法を制定しない限りは国際法が国内的効力をもたない変形型国家である。前者は、国際法を国内に編入し一般的受容を試みている点で一元論といえ、後者は国際法と同内容を有する法律を立法することで国内法に変形されなくてはならない点で二元論だとする主張もある 。しかし、私は国際法と国内法では体系・法源が異なることからも、両者の基礎法レベルでの優劣はつけることは困難であり、実定法上レベルでの調整をつける「等位理論」が妥当であると考える。

続きを読む≫ 2015/10/01 15:27:01

領域権原とは、国家がある区域に対し領有権を主張できる国際法上の根拠の事を指す。細かく見ると、客体説:領域は国家の有する機能の客体として存在し、国家は領域に関して私法上の財産権に類似した権利を持つ。および、空間説:国家がその範囲内で管轄権を行使する「空間」であり、国家が統治を行う場所である。が挙げられる 。

 

 

そして、領域権原の態様としては、以下のものがある。まず、先占とは、いずれの国家にも属さない土地(無主地)をほかの国家に先駆けて自国の領土とすること、と規定されるが、18世紀末以降は土地の発見だけでは先占とはみなさず、領有する意思や実効的な支配を求める。
次に征服であるが、戦勝国が戦敗国を一方的な意思の表明によって併合することである。もっとも、現在では条約法条約52条や国連憲章2条、3・4項により武力行使が否定されているため、併合は認められない。
先占、併合という現在ではみられない態様を検討する意義は、時際法の問題にある。領土・国境紛争は過去の集積による問題である。
さらに、割譲であるが、国家領域の一部を他国に譲渡することとされる(全領域を譲渡すれば併合となる。)例は、アメリカの領土拡大の過程や、日清・日露戦争後の台湾・南樺太などが挙げられるが、前者は平時、後者は戦時の割譲ということもある 。
この際、原則として住民の国籍は譲受国の国籍となるが、国籍選択制をとる例もある 。また、添付には自然的原因(河床の移動・土砂の堆積)と人為的原因(海洋の埋立)があり、新しい土地の形成による領土の拡大と捉えられる。時効には、パルマス島事件の例があり、歴史的背景、現実的状況を考慮して期間の定めることは可能だとされるが、確定的な態様ではない。

 

さて、日本の抱える領土問題として、人の常住には適さない面積0.23平方qの竹島を取り上げるが、焦点となるのはまず1905年時の日本の実効的支配の開始が認められるかどうかである。

 

韓国側は、通告がないため無効を主張するが、自国の支配を実証することはできず、また、通告は領土編入の手続的要件ではないとされている。
日本は土地台帳に記載をして、漁業権者も土地使用料を徴収していることから、第二次大戦後まで実効的支配があったといえる 。また、戦後韓国は1946年1月29日のGHQ覚書とカイロ宣言から日本が竹島に対する権利行使を停止していると主張したが、戦後日本の領土を最終的に確定した対日平和条約第2条a項により、朝鮮の独立は認めたが、竹島については日本の領土であるという立場が明らかにされている。
日韓基本条約により、外交交渉で解決しない紛争は調停により解決するとしたにもかかわらず、歴史的根拠を盾にICJへの事件の付託も拒み、竹島問題は領土問題ではないと主張する韓国と対話の場を設けるのは容易ではない。
メニュー

続きを読む≫ 2015/10/01 15:24:01

「国の要件のひとつである領土権原について説明し、日本の領土問題とされる事例のうちいずれかを選んで論じなさい。」

 

 

国際法において主権平等の原則が謳われ、各国家は自国領域において排他的管轄権を有する。この領域主権は次のような取得権限によって裏付けられる 。
まず、物理的作用によって領域を増大する添付。合意によって一国から他国に領域の一部を移転する割譲。いずれの国の領域にも属さない無主地を取得する先占。以前はこれらに加え、発見や征服も取得権限として認められていた。
現在こうした取得権限は国境紛争の解決に一定の役割を見出せる。

 

日本が抱える領土問題のうち、本稿では竹島問題を扱う。この竹島問題が特に表面化したのは1952年に韓国が行った李承晩ライン以降とされている。同宣言で韓国は竹島に対する領主権の存在を明らかにし、これに対し日本は抗議を行ったものの、韓国は事実上の支配・占拠を固めており、常住民を居住させている。

 

こうした衝突は近代以前より記録されており、竹島一件(鬱陵島渡航禁止)や安龍福事件等が起きている。

 

年には日本は領土編入措置を行い、1910年の日韓併合によって、韓国は独立国としての地位を失い竹島は日本の管轄化におかれた。第二次世界大戦終了後、1946年には連合軍側の司令により、竹島に関する行政上・政治上の管轄権は一時的に停止され、続くマッカーサーラインでは竹島周辺海域を日本の管轄権外とした。ところがその後の対日平和条約においては竹島に関する言及がなく新たな議論を呼んだ 。

 

 

 

両国が竹島の領有権に関しては原始取得とその実効性の維持を根拠とし、日本の場合これに加えて実効的支配における相対的優劣を主張している。しかし現在のところ竹島に関する割譲条約や国境境界条約は存在していない。

 

パルマス島事件判決では「平穏かつ継続的な国家権力の行使または発現」を、また東部グリーンランド事件判決では「主権者として行動する意図もしくは意思」と「そのような権能の現実的な行使または発現」を領域取得の条件として挙げている。
両国は近代以前より行われていた国家行為や1900年代以降にとった立法措置をもってこうした条件を満たすとしている。しかし、そうした立法行為が国内向けに行われていた点や両国が主張する国家行為が一方当事国の領域主権の存在・成立を証明する程度のものではなかったことを考慮すると、一方に排他的な国家主権を与えることは妥当ではないように思われる 。

 

国境紛争において、絶対的な国境線を画一することが唯一絶対の解決策ではない。近年、民際的レベルから政治レベルまでの友好関係を築きつつある両国家においては、自国のナショナリズムや歴史認識に固執することのない相互の利益のためのより柔軟な解決策こそが望まれる 。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2015/10/01 15:22:01